読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トイレに行ってもいいですか?

緊張しいのわたしのブログ

心因性頻尿とやらに悩む

緊張するとオシッコが近い・・。

この症状、心因性頻尿というらしい。

 

 私、38歳二児の母、だいぶいい大人ですが、

ずっとこの症状に悩まされています。

 詳しくは、これ。

http://niyou-tikai.com/entry19.html

 

卒業式、入学式、長時間座りっぱなしの式典系は憂鬱の種。

情けない話だけど、

トイレが気になって式そのものに集中できないこともある。

1時間だろうと、たった30分だろうと、

緊張するとすぐに尿意に襲われる。

または尿意に襲われそうで集中できない。

会議も苦手。

高速道路の渋滞もアウト。

車が動かないと思うと緊張してジワジワ尿意が迫ってくる。

つまりトイレに行けない状況になると、したくなる。

もうほんとこんな自分が情けない・・・。

でもストレスや緊張がもたらすものだから、対処法がない。

緊張するなって言われてもするものはするんだから仕方ない。

生理現象と心因性がドッキングしちゃったら、もう太刀打ちなんかできない!

しかも可笑しなもので尿意に神経いきすぎてるから、

大勢の人前で話したり歌ったりするのは緊張しない。

だから周りからは緊張しない人だと思われていたりする。

それなら私は何に対して緊張しているのか?という本末転倒っぷり。

 

こんな悩み誰に相談できるというのだ。

軽いノリで言ってみよう。

「私、緊張するとトイレいきたくなっちゃうんだよね~。」

「わかる~寒い時期とかやばいよね」

・・・・全然わかってない。

そんな問題じゃ、そんなレベルじゃない。

 

それでもこんな私だけど、38年なんとか尿意をやり過ごしながら、

時には恥をしのんでトイレに立ちながら、なんとかやって来ました。

 

ほんと、世間様から見たら、おまえは何を気にしているんだ?レベルの私のこのちっぽけな悩み。

日々大きな仕事や大役を担っている人達からしたら、悩みの部類にも入らないだろう。

「こんな事で悩んでごめんなさーーい!」

と貧困に喘ぐ国の人たちに、

争いの絶えない国で暮らす人たちに、

土下座をして謝りたい。

 

でもこの悩みさえ克服すれば私の心には間違いなく平和が訪れる。

なんとか克服できないものか。

実かこう思うにはきっかけがあり、

こんなメンタル?膀胱?弱々な私が、小学校のPTA役員を逃れられずやることに。

慣れない会議に、強制出席の総会等々。

もういちばんやっちゃダメじゃん的なこれから訪れる緊張シチュエーション。

今から考えるだけで膀胱がうずく・・・。

尿意が気にならなければぶっちゃけPTA役員なんかどんと来いなのに!

(私ってなんなんだ?)

 

私の闘うべき相手は膀胱ではなく

ストレス、つまり私の心の弱さだっ!

私は今まで「大丈夫、乗り切れ、強くなれ、気にするな」等、

心と膀胱に熱血エールで対応していた。

この神頼み的な対処で緊張イベントをやり過ごしてきた。

もちろんこんだけ意識が膀胱にいってれば案の定したくなる。

膀胱に罪はない。

気にするのは良くないと深く考えるのを避けてきたけど、

結果、38年も拗らせてるじゃん・・。

 

だから、

まずは向き合うことにしてみる。

自分の弱さを認めて人は強くなる・・・。

 

人には言えないから、

せめてこのブログで、

このくそ下らないちっぽけな私の悩みを、

ちっぽけだとわかっているのに囚われている私の弱いメンタルを、

晒して、吐き出して、自分の弱さと向き合ってみようではないか。

そして同じように悩む人がいて、

「私もそれ~!」

「俺もそれ~!」

っと共感してくれたらこれ幸い。

一緒に尿意地獄を乗り越えよう。

 

こんなブログまで作って・・・。

アホみたいに尿意に囚われてるねって、人は憐むだろう。

でも何したって囚われるんだから、

もう「緊張と尿意」は私からは切り離せない!

このブログで尿意への不安を素直に吐露して発散し、

PTA役員を無事に乗り切るんだ。

あわよくば克服するんだ!

 

これまでひた隠していた悩みを心のままに書き殴ったら、

だいぶスッキリした。

まるで私史上最高のスピーチを終えた後の様な高揚感だ。

 

よし、最初から読み返してみよう。

 

・・・・・。

・・・・・。

・・・・・。

 

一体なにこのブログ・・・。